珠洲市珠洲市(SUZU CITY) 市の花:椿
サイトマップ 文字サイズ
拡大標準縮小
背景切り替え
印刷用画面
btn_mobile
現在位置:トップページの中の暮らしのガイドの中の後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度は、旧老人保健制度にかわり平成20年4月から始まりました。
石川県では、県内の全市町が加入する石川県後期高齢者医療広域連合が制度を運営します。

後期高齢者医療制度の対象となる方(加入するとき)

  • 75歳以上の方(75歳の誕生日から)
  • 65歳以上75歳未満で寝たきりなどの一定の障がいがある方(広域連合の認定を受けた日から)
    (※ただし、生活保護を受けている方は、対象者とはなりません。)

被保険者証(保険証)の交付

被保険者全員に1人1枚ずつ、「後期高齢者医療制度」の被保険者証が交付されます。
医療機関で診療を受けるときは、窓口で被保険者証を提示してください。

後期高齢者医療制度で受けることができる給付

医療機関窓口での自己負担額

医療機関の窓口で支払う自己負担は、1割(現役並み所得者は3割)負担となります。
所得区分による負担割合は、下の表のとおりです。

3割負担 現役並み所得者 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の被保険者がいる方
※ただし、次の要件のいずれかに該当する場合、「一般」の区分となります(1~3は申請が必要です)。
1. 同一世帯に被保険者が1人で収入額が383万円未満
2. 同一世帯に被保険者が2人以上で収入の合計額が520万円未満
3. 同一世帯に被保険者が1人で収入額が383万円以上であっても、同一世帯に70歳から74歳の方がいる場合には、その方の収入を合わせて520万円未満
4.生年月日が昭和20年1月2日以降の被保険者の場合、本人および同一世帯の被保険者の総所得金額(33万円を基礎控除後)の合計額が210万円以下
1割負担 一般 現役並み所得者、低所得者Ⅰ・Ⅱに該当しない方
低所得者Ⅱ 同一世帯の全員が住民税非課税の世帯に属する方(低所得者Ⅰ以外の方)
低所得者Ⅰ 同一世帯の全員が住民税非課税で、かつ各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯に属する方(年金の所得は控除額を80万円として計算)

入院時の食事代

入院時の食事代は、次の1食あたりの標準負担額を負担していただきます。


 平成28年3月31日まで平成28年4月1日
から
平成30年4月1日
から
現役並み所得または一般(下記以外の人)260円360円460円
・指定難病患者
・平成28年4月1日において、既に1年を超えて精神病床に入院している患者

(低所得者Ⅱ・Ⅰを除く。)
260円260円260円
低所得者Ⅱ90日までの入院210円210円210円
過去12か月で
90日を超える入院
160円160円160円
低所得者Ⅰ100円100円100円

※低所得者Ⅰ・Ⅱの方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要です。


療養病床に入院したときの食費や居住費

  食費(1食につき) 居住費(1日につき)
現役並み所得者および一般 460円
※一部医療機関では420円
320円
低所得者Ⅱ 210円320円
低所得者Ⅰ 130円320円
(老齢福祉年金受給者) 100円負担なし

※低所得者Ⅰ・Ⅱの方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要です。


高額医療費

1ヵ月(同じ月内)に支払った医療費が高額になったときは、自己負担限度額を超えた分が払い戻されます。
所得区分による自己負担限度額は下のとおりです。

平成29年7月まで
  外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者 44,400円80,100円+(1か月の総医療費-267,000円)×1%
<4回目以降 44,400円>※1
一般 12,000円44,400円
低所得者Ⅱ 8,000円24,600円
低所得者Ⅰ 15,000円

平成29年8月から平成30年7月まで
 外来(個人ごと)外来+入院(世帯ごと)
現役並み
課税所得
145万円以上の方
57,600円80,100円+(1か月の総医療費-267,000円)×1%
<4回目以降 44,400円>※1
一般
課税所得
145万円未満の方
14,000円
<年間(8月~翌年7月)
上限144,000円>
57,600円
<4回目以降 44,400円>※1
住民税非課税
区分Ⅱ
(区分Ⅰ以外の方)
8,000円24,600円
住民税非課税
区分Ⅱ
(年金収入80万円以下など)
8,000円15,000円

平成30年8月から

現役並み外来+入院(世帯ごと)
課税所得
690万円以上の方
252,600円+(1か月の総医療費-842,000円)×1%
<4回目以降 140,100円>※1
課税所得
380万円以上の方
167,400円+(1か月の総医療費-558,000円)×1%
<4回目以降 93,000円>※1
課税所得
145万円以上の方
80,100円+(1か月の総医療費-267,000円)×1%
<4回目以降 44,400円>※1
 外来(個人ごと)外来+入院(世帯ごと)
一般
課税所得
145万円未満の方
18,000円
<年間(8月~翌年7月)
上限 144,000円>
57,600円
<4回目以降 44,000円>※1
住民税非課税
区分Ⅱ
(区分Ⅰ以外の方)
8,000円24,600円
住民税非課税
区分Ⅰ
(年金収入80万円以下など)
8,000円15,000円

※1 過去12ヵ月以内に4回以上高額療養費の支給があった場合、4回目から多数回該当になり上限額が下がります。
(注)月の途中で75歳となり、後期高齢者医療制度に移行する人は、その月の自己負担限度額がそれまで加入していた医療保険と後期高齢者医療制度それぞれ限度額の2分の1となります。


高額医療・高額介護合算制度

 年間(8月~翌年7月)の医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいる場合は、後期高齢者医療保険と介護保険の両方の自己負担額を合算し、下記の限度額を超えた分が申請により払い戻されます。

平成30年7月まで
所得区分限度額
現役並み所得者 670,000円 
一般 560,000円 
低所得者Ⅱ 310,000円 
低所得者Ⅰ 190,000円※2

平成30年8月から
所得区分限度額
課税所得
690万円以上
2,120,000円 
課税所得
380万円以上690万円未満
1,410,000円
課税所得
145万円以上380万円未満
670,000円
一般 560,000円 
低所得者Ⅱ 310,000円 
低所得者Ⅰ 190,000円※2

 ※2 介護サービス利用者が世帯内に複数いる場合は310,000円


やむを得ず全額自己負担したときに医療費を支給

  • 急病などで被保険者証を持たずに診療を受けたとき
  • 医者が認めたはりや灸、マッサージなどの施術を受けたとき
  • 医者の指示により、コルセットやギプスなどの補装具代がかかったとき
  • 海外渡航中に治療を受けたとき

交通事故にあったとき

 交通事故など、第三者から傷病をうけた場合には、届出をすることで後期高齢者医療保険を使って医療を受けることができます。本来、加害者が支払うべき医療費については、石川県後期高齢者医療広域連合から加害者へ請求します。
 ※交通事故にあったときは、警察に届け出て自動車安全運転センターで「事故証明書」を発行してもらってください。
 ※「第三者行為による被害届」、「念書」、「事故発生状況報告書」、「事故証明書」を提出ください。
 ※示談の前に必ず市民課医療保険・年金係(TEL0768-82-7744)へご相談ください。


健康診査について

後期高齢者医療制度の被保険者全員に、8月末までに健康診査受診券と質問票を郵送します。9月1日から10月31日までの間に下記の医療機関で健診を受けてください。
個人負担:500円
検査内容:必須項目…身体計測、血圧測定、診察、血中脂質検査、血糖検査、肝機能検査、脳検査
       医師の判断による追加項目…貧血検査、心電図検査、眼底検査
実施機関:
(珠洲市) 珠洲市総合病院      TEL0768-82-1181  ※健診室へ予約が必要です。                 
       あいずみクリニック      TEL0768-82-0002
       小西医院           TEL0768-82-6800                
       井端医院           TEL0768-84-2535   
       みちした内科クリニック   TEL0768-82-0877
       なかたに医院        TEL0768-82-8333
       田中クリニック       TEL0768-82-0500
 (能登町)升谷医院          TEL0768-72-1151 
       小木クリニック       TEL0768-74-1711
 (輪島市)粟倉医院          TEL0768-32-0018

人間ドック・脳ドック検査費用の助成

対象者 石川県後期高齢者医療保険(珠洲市)に加入している人。
脳ドック検査を受ける場合は、脳神経外科疾病の治療を受けていない人。
後期高齢者医療保険料の滞納がない人。
自己負担額 検査費用の1割
検査機関 珠洲市総合病院

※同一年度に国保の特定健診、人間ドックの助成を受けた場合、後期高齢者の人間、脳ドックの助成は受けることができません。また同一年度に後期高齢者医療健康診査と人間ドックの助成の両方は受けられません。
※脳ドックの助成は2年に1度だけですのでご注意ください。
※病歴により、すでに人間ドックと同等の検査を受けている場合は、費用助成を受けることができない場合がありますので、詳しくは市民課までお問い合わせください。

※市民課医療保険・年金係(0768-82-7744)へ事前に予約が必要です。


保険料について

後期高齢者医療制度の被保険者となる方全員に、一人ひとり保険料を納めていただきます。
75歳(寝たきりなどの一定の障がいがある方は、65歳以上)になると、これまで保険料を負担していなかった被用者保険(健康保険組合や共済組合などの医療保険)の被扶養者だった方も、保険料を納めていただきます。


保険料の額(保険料額=均等割額+所得割額)

平成28・29年度の珠洲市の保険料率

均等割額 47,520円
所得割額 (前年中の総所得金額-基礎控除(33万円))×所得割率(9.33%)
賦課限度額 年額57万円

※平成26年度より不均一保険料期間(6年)終了のため、石川県内均一の保険料率となりました。


保険料の軽減(所得の低い方)

所得の低い方は、世帯の所得水準に応じて次のように保険料が軽減されます。


均等割額の軽減(平成29年4月から)

9割軽減 基礎控除額(33万円)を超えない世帯で、「被保険者全員が年金収入80万円以下」(その他所得がない)であるとき
8.5割軽減※ 基礎控除額(33万円)を超えない世帯
※9割軽減に該当する方を除く
5割軽減 基礎控除額(33万円)+27万円×世帯に属する被保険者数を超えない世帯
2割軽減 基礎控除額+49万円×世帯に属する被保険者数を超えない世帯


所得割額の軽減

保険料の所得額を負担している方のうち、基礎控除後の総所得金額が58万円以下の方は、所得割額が一律2割軽減されます。


保険料の軽減(被用者保険の被扶養者だった方)

後期高齢者医療資格取得日の前日において、被用者保険の被扶養者であった方は、均等割額は7割軽減され、所得割額はかかりません。

保険料の納付方法

年金から納める場合(特別徴収)

年額18万円以上の年金を受け取っている方は、原則として年金から保険料が天引きされます。(特別徴収)
(ただし、介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超える場合は除きます。)


納付書・口座振替で納める場合(普通徴収)

年金から納める方以外の方(年金が年額18万円未満の方、介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超える方)は、納付書や口座振替で個別に納めます。(普通徴収)


納付方法の変更

保険料を年金からお支払いになっている方は、口座振替によるお支払いを選択できるようになりました。
口座振替をご希望の方は、珠洲市役所市民課医療保険・年金係へ申請してください。
※これまでの納付状況等から、口座振替への変更が認められない場合があります。
※申し出いただいた時期により口座振替となる時期が異なる場合がございます。
※口座振替に変更した場合、世帯としての所得税・住民税の負担が少なくなる場合があります。
  (社会保険料控除は、口座振替により支払った方に適用されます。)


◎後期高齢者医療にかかる届出・申請書一覧はこちら


リンク  石川県後期高齢者医療広域連合
電話番号 076-223-0140


Get Adobe Reader

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。


お問い合わせ
市民課 医療保険・年金係
Tel 0768-82-7744
Fax 0768-82-4600
shimin@city.suzu.lg.jp

よりよいウェブサイトにするために
ご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?



 
アクセシビリティへの配慮 | 個人情報の取扱い | リンク・著作権・免責事項