珠洲市珠洲市(SUZU CITY) 市の花:椿
サイトマップ 文字サイズ
拡大標準縮小
背景切り替え
印刷用画面
btn_mobile
現在位置:トップページの中の暮らしのガイドの中のすまいの中の珠洲発 田舎暮らししてみんけ?から定住用物件(空き家)情報

定住用物件(空き家)情報



外浦エリア

「外浦(そとうら)」は、能登半島の、富山湾ではない日本海に面した海岸の総称です。珠洲市における外浦は荒々しい岩礁海岸が特徴で、垂水(たるみ)の滝や仁江(にえ)海岸の夕陽、奥能登の冬の風物詩「波の花」など、景勝地なども数多くあります。また、仁江海岸では、「揚げ浜式」の塩づくりが日本で唯一古来より綿々と受け継がれています。

仁江海岸の夕陽(「日本の夕陽百選」選定)

仁江海岸の夕陽(「日本の夕陽百選」選定)

「揚げ浜式」塩づくり

「揚げ浜式」塩づくり



先端エリア

能登半島の先端に位置する珠洲市の中でも最先端のエリアで、半島最北端の禄剛崎(ろっこうざき)を境に外浦と内浦に分かれています。外浦に位置する木ノ浦海岸は入り組んだ岩礁地帯が続く一方、内浦に位置する鉢ヶ崎海岸は穏やかな白砂青松の海岸となっており、同じエリアの中でも対照的な表情を見せます。

能登半島の最北端・禄剛崎

能登半島の最北端・禄剛崎

鉢ヶ崎海岸(「日本の渚・百選」選定)

鉢ヶ崎海岸(「日本の渚・百選」選定)



内浦エリア

「内浦(うちうら)」は、能登半島の富山湾に面した海岸の総称です。珠洲市における内浦では穏やかな砂浜が続いており、別名「軍艦島」と呼ばれる「見附島(みつけじま)」も内浦にあります。また、このエリアには市役所や商店街など市の中心部も含まれています。飯田町商店街で毎月2と7の付く日に開催される「飯田の朝市」(二七の朝市)は新鮮な野菜などが並ぶ昔ながらの素朴な朝市で、地元のおばあちゃんとの会話も楽しめます。

能登のシンボル・見附島

能登のシンボル・見附島

飯田の朝市

飯田の朝市

Get Adobe Reader

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。


お問い合わせ
企画財政課 移住定住推進係
Tel 0768-82-7726
Fax 0768-82-2896
iju@city.suzu.lg.jp

よりよいウェブサイトにするために
ご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?



 
アクセシビリティへの配慮 | 個人情報の取扱い | リンク・著作権・免責事項