珠洲市珠洲市(SUZU CITY) 市の花:椿
サイトマップ 文字サイズ
拡大標準縮小
背景切り替え
印刷用画面
btn_mobile
現在位置:トップページの中の市政に関することの中の財政に関することから平成28年度健全化判断比率等

平成28年度健全化判断比率等

 平成28年度の珠洲市の各会計の決算に基づき、「地方公共団体の財政健全化に関する法律」の規定による健全化判断比率4指標(実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率)及び公営企業における資金不足比率の算定結果がまとまりましたので公表いたします。

健全化判断比率及び資金不足比率(PDF 112KB)

 健全化判断比率については、4指標とも早期健全化基準をクリアしています。実質公債費比率については、昨年度に引き続き18%未満となりました。 
 資金不足比率については、資金不足が生じた公営企業はないため、経営健全化基準をクリアしています。

 また、比率の算定に対する健全化判断比率等審査意見書(PDF 102KB)が監査委員より提出されています。

用語解説

実質赤字比率(じっしつあかじひりつ)

 一般会計等を対象とした実質赤字の標準財政規模に対する比率です。珠洲市の場合は14.02%以上で財政健全化団体に、20.00%以上で財政再生団体となります。

連結実質赤字比率(れんけつじっしつあかじひりつ)

 全会計を対象とした実質赤字の標準財政規模に対する比率です。珠洲市の場合は19.02%以上で財政健全化団体に、30.00%以上で財政再生団体となります。

実質公債費比率(じっしつこうさいひひりつ)

 一般会計等が負担する元利償還金等の標準財政規模に対する比率で、一部事務組合への負担金や公営企業会計に対する繰出金のうち元利償還金相当分なども要素に加えられています。この比率が18%を超えると地方債を発行する際に国の同意ではなく、許可が必要になります。また、25%以上になると財政健全化団体となり一部の地方債の発行が、35%以上になると財政再生団体となり多くの地方債の発行が制限されます。

将来負担比率(しょうらいふたんひりつ)

 地方債の残高をはじめ一般会計等(普通会計)が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率です。350%以上で財政健全化団体となります。

資金不足比率(しきんふそくひりつ)

 公営企業会計の資金不足額の事業規模に対する比率です。20%以上で経営健全化団体となり、公営企業の経営の健全化を図る計画を策定しなければなりません。

標準財政規模(ひょうじゅんざいせいきぼ)

 自治体が通常の行政サービスを提供するために必要な一般財源をどの程度もっているのかを表す指標で、普通交付税と地方税が主なものです。自治体の財政状況を一定の基準で分析する場合などに利用されます。

 
Get Adobe Reader

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。


お問い合わせ
企画財政課 財政係
Tel 0768-82-7721
Fax 0768-82-2896
kizai@city.suzu.lg.jp

よりよいウェブサイトにするために
ご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?



 
アクセシビリティへの配慮 | 個人情報の取扱い | リンク・著作権・免責事項