すず観光ナビネット

LANGUAGE

文字を拡大文字サイズを標準にする文字を縮小

サイトマップ

お問い合わせ

現在位置:トップページの中のすず観光ナビネットの中の観光スポットの中の自然・景観の中の

観光スポット

自然・景観

歴史・名所

温泉・宿泊

レジャー・体験

お祭り

観光スポット

更新日: 2016年6月28日
帆立岩

真浦海岸には、自然が作り出した奇岩があります。ちょうど貝のホタテに似ていることから「帆立岩」と呼ばれています。引き波によって岩が浸食して作られました。帆立岩ロードパークには帆立岩を使った水原秋桜子の句碑があります。


寄り道パーキング寺家

北鉄奥能登バスの寺家川上停留所に新しく「寄り道パーキング寺家」が開設されました。待合室やトイレの他、展望台も設置され、変化に富んだ海岸線や海越しに見える立山連峰などの美しい景観を眺めることができます。
建物内には、能登の里山里海の恵みである海産物や野菜、果物などの直売所が設けられ、珠洲の新しい立寄りスポットとなっています。是非、お立ち寄りください。


波の花

奥能登の冬を彩る風物詩の一つ。季節風に吹き寄せられた塩の泡が花吹雪のように空高く舞い上がり、幻想的な光景が広がるところから「波の花」の名がつきました。曽々木・真浦海岸から狼煙までの外浦一帯で発生し、11月下旬から2月下旬まで見られます。
波の花の発生条件は風が強く、波が高いことと言われています。泡が衣服に付くとシミになる恐れがありますので、十分注意して観賞して下さい。


仁江海岸

仁江海岸は、千畳敷の岩場が広がる景勝地です。また、岩が鯖の尾に似ていることから鯖尾岩と呼ばれる奇岩があります。落日の美しさで有名な仁江海岸は「日本の夕陽百選」にも選ばれています。
この仁江海岸では日本で唯一、昔ながらの塩製法で作られている「揚げ浜式製塩法」が受け継がれています。

 
ゴジラ岩

馬緤町の沿岸にある奇形の岩。西の空に向かって今にも炎を吹き出しそうな姿は怪獣ゴジラに似ており、その名も「ゴジラ岩」と呼ばれています。この沿岸から夕陽も見えるため、能登の名所の一つになっています。ゴジラ岩を見るための駐車場もあるため、旅の途中に立ち寄ってはいかがでしょうか。

ページの先頭へ