すず観光ナビネット

LANGUAGE

文字を拡大文字サイズを標準にする文字を縮小

サイトマップ

お問い合わせ

現在位置:トップページの中のすず観光ナビネットの中のおすすめコースから史跡めぐりコース

おすすめコース

おすすめコース

史跡めぐりコース

更新日: 2016年8月22日
史跡めぐりコース

~伝説とロマンの里~珠洲には、興味深い史跡が豊富です。史跡を巡って歴史にふれるコースです。

アクセスマップ


拠点

白山神社(宝立町春日野) 法住寺の鎮守

移動

移動手段と所要時間車で1分


法住寺

法住寺

真言宗古刹・吼木山法住寺は鎌倉時代初期に若山荘の領家であった日野資実によって祈祷所と定められてから、重要な位置を占めていました。 また、仁王門には憤怒形の見事な金剛力士像が立っています。平成7年の解体修理の際に、阿形・吽形両像の胎内から納入品が見つかり、享徳2年に京仏師の院勝・院超によって象像されたことが明らかとなりました。

詳細を見る


移動

移動手段と所要時間車で5分


樹齢900年の倒さスギ

倒さスギ(さかさスギ)

真言宗の古刹・高照寺の門前にある老杉。樹齢はなんと900年で、県の天然記念物に指定されています。杉の枝が地面を這うようにして逆さに垂れていることから、「倒さスギ」と呼ばれるようになりました。 また、八百比丘尼が昼食時に杉箸を逆さに挿し、そこから枝葉が出たと伝承されています。高さが約12m、広がりが30mにも及ぶこの杉は、能登の一本杉ともいわれ、その迫力に圧巻されます。

詳細を見る


移動

移動手段と所要時間車で5分


春日神社

春日神社

春日神社は市役所そばの春日山麓にあり、大国主命ほか八神が祀られている古社です。平安時代の康治年間に若山荘が設置されたとき、荘園の鎮守神として創建され若山神社と称しました。弘長元年、春日神社の神官である葛原伊勢守秀行が、大和の春日神社の分霊を拝受し、今の地に合祀しました。 境内には樹齢700年をこえる老杉が生茂り、拝殿に進む石段の右手には大伴家持が能登巡国の折、歌った万葉歌碑があります。

詳細を見る


移動

移動手段と所要時間車で15分


珠洲焼資料館

珠洲焼資料館

平安末期から室町にかけて製造されていましたが、戦国の世になると忽然と姿を消してしまいました。昭和53年に復興され、多くの専門家が”謎の古陶”として注目する珍しい焼き物です。珠洲焼資料館には、貴重な資料や作品の数々が展示されています。

詳細を見る


移動

移動手段と所要時間車で20分


須須神社

須須神社

須須神社は日本海側一帯の守護神とされ、第10代祟神天皇の時代に創建された由緒ある神社です。祭神は、寺家高座宮の主神高倉彦神(たかくらひこのかみ)と山伏山山頂の奥宮に祀られている美穂須須美命(みほすすみのみこと)です。須須神社の宝物殿には、国指定重要文化財の木造男神像や、数々の古文書、義経ゆかりの品々が収蔵されています。中でも「蝉折の笛」は義経が海難を救われたお礼として奉納した宝物の一つです。

詳細を見る


移動

移動手段と所要時間車で40分


平時忠一族の墓

平時忠卿及び其の一族の墳

壇ノ浦の戦いに敗れ、珠洲の大谷に流されたとされる平時忠。時忠は、大谷で生涯を閉じたとされており、その地には一族のものと伝えられる五輪の塔群などの墳があります。

詳細を見る


移動

移動手段と所要時間車で30分


到着

上時国家(輪島市)
関連リンク:石川県輪島市 能登輪島観光情報(上時国家)

 

コースマップ

37.435885, 137.259579

ページの先頭へ