すず観光ナビネット

LANGUAGE

文字を拡大文字サイズを標準にする文字を縮小

サイトマップ

お問い合わせ

現在位置:トップページの中のすず観光ナビネットの中の特産・お土産の中の銘菓の中の和菓子

特産・お土産

里山の幸

里海の幸

地酒

銘菓

珠洲焼

珪藻土コンロ

民芸品

特産・お土産

和菓子

更新日: 2016年6月29日
姫どら(E’cafeイーダッシュカフェ)

E' cafeはラポルトすず内にあり、そこで能登大納言小豆を使用した姫どらや二三味珈琲が楽しめます。カフェの名前の由来は地名である「飯田(イイダ)」から付けられています。
そのほか、ワークショップすずさんで作られている人気のミニキリコや、民芸品の布ぞうりを販売しています。
また、カフェでは能登丼等も食べることができ、ランチにおすすめです。


いも菓子(泉秀芳堂)

能登名物いも菓子の製造をしています。いも菓子とは、ニッキのついた焼き菓子です。店舗にて販売もいたします。


いも菓子(多間本家 だまほんけ)

いも菓子本舗・多間本家では、菓子、パンを製造販売しています。
いも菓子の起源は、明治時代に、北海道開拓に向かった若者が、故郷を想い作り上げ、珠洲に持ち帰ったこととされており、素朴な色と形が特徴です。
いも菓子の他に、たこ舟最中、松茸羊羹、わかめ羊羹、珠洲の月など、珠洲らしい郷土色溢れる手作りの和菓子を取り揃えております。
パンは、ネオバターロールやクリームパンが特に人気です。


たいこ饅頭(おきな軒)

「当たり前の事をしているだけ」と謙虚に話す「いも菓子」です。
この「いも菓子」は全国菓子大博覧会・広島にて金賞を受賞したました。
地元にも愛されているお店です。
店名のおきな軒にちなみ、生姜餡のはいった饅頭「おきな」や、いも菓子、たいこ饅頭やあんどーなつ、抹茶あんが入る能登はまぐりも人気です。
菓子は箱売りだけではなくバラ売りでも販売しています。


きんつば(多間栄開堂)

「能登は詩の国、夢の国」「能登はやさしや土までも」「気どらない自然と人の奥能登」能登半島の素朴な自然と人情は観光ブームといわれる昨今でも少しも損なわれずに生きております。この半島先端の地が珠洲であります。
“能登大納言あずききんつば”“いも菓子”、“わかめ最中”はこの珠洲市で生まれて数十年、名実ともに珠洲市を代表するお菓子です。


揚げ浜塩の菓子(吉森菓子舗)

珠洲の塩どころ、大谷地区の菓子店です。
揚げ浜の塩を使った菓子を製造しています。
塩は揚げ浜式製塩の塩を使用しており、すっきりとした餡に仕上がります。
当店のほか、聖域の岬売店、道の駅等でお買い求めいただけます。
スポットは聖域の岬売店を表示しています。

ページの先頭へ